Lightning ケーブルの問題

アップル社製スマホのiPhoneを3Gのころから使っています。

初期の頃はスタンド式の充電アダプターがあったので、
ケーブルの断線に悩まされることはありませんでした。
LightnignコネクタとなったiPhone5から断線との戦いが始まりました。

純正のケーブルがコネクタの付け根で断線しやすいのは周知の事実です。
だいたい1〜2年で皮膜が破れ中身の鮮やかな細線が見えだします。
通常のケーブルと違い、スマホの充電ケーブルが強い電流が流れていることです。
死に至ることはないですが感電の危険性はあります。

最初の頃は、キャリアのポイントなど使って純正品を購入していたのですが
あまりにも断線頻度が高いので他社製のものを使ってみようと
いろいろ購入してみました。

まず、安さからダイソーのケーブル(USB-CケーブルとLightningアダプタ)は
断線以前に認識しないことが多いので、緊急用にも持たなくなりました。
安かろう悪かろうですね。

次にアマゾンで金属皮膜のものを買いました。
頑丈そうで期待したのですが
IMG_7300
このありさまです。
一年ちょっとで残念な結果となってしまいました。

それで次はケプラー繊維?みたいな柔らかいものを購入しました。
これは1年ほど使っていますが、いまのところ何の問題もありません。

IMG_7298

追加でケーブルが必要になったので
アマゾンにてケプラー繊維にビニール皮膜、そしてコネクタ付け根の補強がされた
↓を購入しました。

IMG_7296
なかなかいい感じです。
アマゾンだと格安のケーブルがたくさんありますが、
高速充電に対応してないものもありますので注意が必要です。

アマゾンベーシック ライトニングケーブル

(2016.12.16追記)

上記ピンクのケーブルが順調だったので、追加で同じメーカーのシルバーバージョンを購入しました。

しかし3本買ったうちの1本が2ヶ月で駄目になりました。
接続しても認識しない、もしくは認識しても充電しない状態になりました。

やはりAppleの認証を受けてないものは駄目なのかと落胆しました。

そこで今回はApple認証されたケーブルを購入しました。

 

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約180cm

90cm(3ft)2本と、180cm(6ft)2本、計4本を購入しました。

認証されたケーブルとしては安いです。(激安ではないですが)

しかし、心配なのはコネクタの付け根です。

純正に似た形状なので、遅かれ早かれ皮膜が破れてケーブルむきだしになるのは予想できます。

そこで見つけたのが

ケーブル保護部品。1個200円ほどです。

こんな風に取り付けます。

これで断線は回避できそうです。

最近は「きしめんケーブル」があるようです。

これは断線に強そうですね。